Packet Light Networks / WDM光伝送装置

PacketLight Networksは、CWDM/DWDMおよびデータ ファイバ ネットワーク上で伝送するキャリアクラス接続ソリューションの主要プロバイダです。PacketLightの標準ベース・ソリューションは、ポート毎2~200Mbps、小型1uシステム1.6Tbまでの複数プロトコルを長距離サポートしています。最新マーケットのセキュリティのニーズに応じて、L1の暗号は各製品でオプション機能です。増幅、分散補償、3Rテクノロジー、多重化およびオンライン管理ツールなど多数の内蔵機能により、PacketLightの製品はコンパクトで、コスト効率が高く、インストールと維持が簡単であることが知られています。

【概要】
DWDM(Dense Wavelength Division Multiplexing)とは、1本の光ファイバーに多数の異なる波長の信号を多重化して同時に伝送することで大容量通信が可能となる技術です。それぞれのデータは異なる波長で伝送されるため、ストリームは互いに干渉しないため、データの整合性が保たれる上、通信帯域を増やすことができます。大容量のデータを扱うことができるため、キャリア、データセンター、企業や公共のインフラで多く活用されています。

【特徴・メリット】
PL-4000T/1.6T統合トランスポンダ/マックスポンダ
PL-4000Tは、400GbEおよび100GbEサービスの展開、または既存ネットワークの容量拡大のためのコスト効率的な大容量ソリューションです。

PL-4000M/400Gマックスポンダ
PL-4000Mは、マルチレート10/25/100GbE、16/32G FC、OTU4サービスの展開、または既存ネットワークの容量拡大のためのコスト効率的なモジュラ方式のソリューションです。

PACKETLIGHT社のホームページはこちら

高速ネットワークL1暗号ブローシャDLはこちら

PL-2000ADSブローシャDLはこちら

PL-2000MブローシャDLはこちら

PL-2000TブローシャDLはこちら

PL-4000TブローシャDLはこちら