Saguna Networks / エッジコンピューティング・MEC

SagunaはETSI(European Telecommunications Standards Institute)のスタンダードに準拠したMulti access Edge Computing (MEC)プラットフォーム(Saguna MEC)を提供しています。 Saguna MECは完全に仮想化されたソフトウェアアーキテクチャのため、ハードウェアにも依存しません。(低価格な汎用サーバで構築できます) Saguna MECはMobile broadbandをより低遅延に、シンプル化を実現します。

Saguna MECの特徴と主な機能

vEdge

・アプリケーションの種類/Inline、Tap、Terminal
・Traffic Offload Function, multi level ACL
・アプリケーションモビリティ
・REST API
・IPSec for VPN connection (Server or Client)

OMA

・仮想環境、コンテナをサポート(K85)
・スケールイン/アウト
・クラスターマネージメント
・Microsoft Azure とAWS IoT Greengrassに対応

Edge cloud Breakout

Inline MEC App

使用例:透過型キャッシング(HTTPのみ)、最適化プロキシ等

アプリケーションは、プラットフォームから情報やサービスを受け取るためにMp1 REST APIを使用することができます。

Tap MEC App

使用例:Probes

アプリケーションは、プラットフォームから情報やサービスを受け取るためにMp1 REST APIを使用することができます。

Information MEC App

使用例:Network Analytics
プラットフォームから情報やサービスを受信するためにMp1 REST APIを使用します。

SagunaのソリューションはINDUSTRY4.0の実現を可能にします

-センサーからアナリティクスデータをリアルタイムに収集

-人工知能へのデータ投入

-超高速ネットワーク 5G

-超高速コンピューティング Edge Cloud

– 仮想GPU機能はAIエンジン加速のため、エッジサーバに移行

Sagunaプライベート5G・LTE・Wi-Fi・LoRaなどのアーキテクチャの差別

Saguna(下記図の青い点線内)は、以下の4つの離散的なコンポーネントを1つのSWスタックに統合しています。
これによりパフォーマンスの向上と低コスト化を実現します。

1.仮想化されたData plane
2.モバイルエッジプラットフォーム
3.UPF(5Gの場合)
4.スイッチングとルーティング 

Sagunaの主なユースケース

 韓国の通信会社大手SKテレコムにてSagunaのプラットフォームが導入されています。

https://builders.intel.com/docs/networkbuilders/case-study-of-scaled-up-skt-5g-mec-reference-architecture.pdf

その他の活用ケース

Saguna Networks Youtube Video

Saguna Networks Ltd.