Saguna Networks / エッジコンピューティング・MEC

SagunaはETSI(European Telecommunications Standards Institute)のスタンダードに準拠したMulti access Edge Computing (MEC)プラットフォーム(Saguna MEC)を提供しています。
Saguna MECは完全に仮想化されたソフトウェアアーキテクチャのため、ハードウェアにも依存しません。(低価格な汎用サーバで構築できます) Saguna MECはMobile broadbandをより低遅延に、シンプル化を実現します。

2021年10月19日開催セミナー動画

Saguna MECの特徴と主な機能

vEdge

・アプリケーションの種類/Inline、Tap、Terminal
・Traffic Offload Function, multi level ACL
・アプリケーションモビリティ
・REST API
・IPSec for VPN connection (Server or Client)

OMA

・仮想環境、コンテナをサポート(K85)
・スケールイン/アウト
・クラスターマネージメント
・Microsoft Azure とAWS IoT Greengrassに対応

Edge cloud Breakout、MEC App、Tap MEC App、Information MEC App

SagunaのソリューションはINDUSTRY4.0の実現を可能にします

-センサーからアナリティクスデータをリアルタイムに収集

-人工知能へのデータ投入

-超高速ネットワーク 5G

-超高速コンピューティング Edge Cloud

– 仮想GPU機能はAIエンジン加速のため、エッジサーバに移行

Sagunaの主なユースケース

韓国の通信会社大手SKテレコムにてSagunaのプラットフォームが導入されています。

事例はこちら

その他の活用ケース

Saguna Networks Youtube Video

Saguna Networks Ltd.