PacketLight Networks、4.8Tトランスポンダを発表

DWDMおよびOTN光伝送装置の大手メーカーであるPacketLight Networks(本社:イスラエル CEO:Koby Reshef)は、PL-4000G 4.8T トランスポンダをリリースしたことを発表しました。

この装置は、400GbEと100GbEのクライアントサービスを柔軟に組み合わせて400G波長で伝送し、インターネットエクスチェンジ(IX)や研究・教育などの大容量データセンター相互接続アプリケーションに対応します。PacketLight Networksは、標準規格に準拠したモジュールの最新技術により、1Uサイズの装置で単一波長による400Gを実現します。

PL-4000Gは、QSFPDD-SR8/LR8またはQSFPDD-DR4/FR8標準MSAプラグ可能モジュールを使用して、それぞれ最大12x400GbEまたは最大48x100GbEのクライアントサービスを提供し、ネットワーク容量を拡大し、柔軟なシステム規模の成長に応じた支払いアーキテクチャを実現することができます。このデバイスは、業界標準のCFECおよびOFECを備えた400ZRおよびOpenZR+標準をそれぞれサポートしています。

PL-4000G は、消費電力を70%以上削減し、100/400GbE ポート密度を向上させる標準的な MSA プラガブルモジュールに対応しています。このトランスポンダは、Mux/DeMux、2つのEDFA(光増幅器)、光スイッチを統合し、1UフォームファクタでDWDM/OTNエンドツーエンドのインフラソリューション全体を提供し、コスト削減のソリューションを促進します。PL-4000Gは、100GbEおよび400GbEのクライアントサービスとDWDMの間に完全な分界点を提供し、サードパーティベンダーのスイッチおよびルーターとの相互運用が可能です。

「この光伝送装置を市場に投入することができ、コンパクトな設置面積で大容量の統合プラットフォームを求めるお客様のニーズに応え、ネットワークの運用コストを削減し、電力とビットあたりのコストを低減できることをうれしく思います」「当社のベンダーに依存しないソリューションは、400ZRとOpenZR+の業界標準をサポートしながら、最適なコストとパフォーマンスで400Gネットワークへのスムーズでコスト効率の良い移行を可能にします。」と語っています。

■PacketLight Networksについてーーーーーーーーーーーーー

PacketLightは、20年以上にわたる光ファイバーネットワークの経験を活かし、キャリアグレードのDWDMおよびOTN装置を提供し、光ファイバー層のトランスポートソリューション全体を提供し、CAPEXおよびOPEXを削減します。PacketLightのソリューションにより、通信事業者、データセンター、企業、コンテンツプロバイダー、ダークファイバープロバイダー、大学、政府・防衛機関は、優れたサービスで高いデータ転送要求に対応することができます。

■本件に関するお問い合わせ先―――――――――――――――――

企業名:株式会社アイランドシックス

担当者名:山口闘志

TEL:03-3556-5353

PacketLight 日本公式WEBサイト▶ https://packetlight.jp/

Email▶packetlight@company.iland6.com

――――――――――――――――――――――――――――――