【PacketLight PL-1000D】光ファイバーネットワークの
監視と診断ソリューション提供開始
~光ファイバーネットワークのリアルタイム監視を専門知識なく簡単に~

株式会社アイランドシックスは、 PacketLight Networks製、光ファイバーネットワークの監視と診断が可能になるPacketLight PL-1000Dの提供を開始します。

光ファイバーネットワーク監視・診断ページはこちらをクリック

【1.背景・課題】

IoTやクラウド利用の増加、コロナ禍によるリモートワークの拡大、ITサービスDX化、4Kなどの高解像度の動画視聴による急激なトラフィックの増加により、ネットワークインフラの安定性・高速化が求められ、多くのデータセンタ、自治体、企業、大学で光ファイバーネットワークが使われるようになりました。また、光ファイバーからの情報の盗聴等の問題もあり、ネットワーク管理者はより安定した通信とセキュリティの両面を留意する必要がでてきており、常時監視の必要性など管理者への負担は年々増加していました。

【2.製品の特長・メリット】

PacketLightが提供するPL-1000Dは※1光パルス試験器(OTDR )と ※2光スペクトル アナライザー(OSA)の機能を1 台に搭載することで、※3非侵入型のネットワーク監視を可能にし、サービスレベルアグリーメントを向上させることを可能にしました。監視に必要な機能をあらかじめ利用可能な状態で提供するため、専門的な知識を必要とせず、利用者自身での監視が可能になり、運用工数とコストを大幅に削減可能にしました。

・ダークファイバー、ライトファイバー、およびサードパーティのネットワークアプリケーションで最大8本のファイバーを連続して監視可能

・光パルス試験器(OTDR)、光スペクトル アナライザ(OSA)、を1Uに統合

・非侵入型監視のため、トラフィックに影響与えることなく監視が可能

PacketLight PL1000はネットワークの可視性を向上させ、光ファイバー信号と障害を正確に監視するための費用対効果の高いソリューションです。

PacketLightは国内販売パートナー募集しております。お気軽にご連絡ください。

※1OTDR:Optical Time Domain Reflectometer の略。光パルス試験器。光通信用測定器の1つ。​光ファイバーの破断点(何km先が不具合か)を検出する。

※2OSA:光のスペクトルを計測する装置。光を利用した通信やフォトカプラなどの光半導体の開発で利用。

※3非侵入型:トラフィックに影響与えないを意味する。

本ソリューションの概要

名称 :PacketLight PL-1000D

URL :https://packetlight.jp/monitoring

資料:PL1000-Dデータシートはこちらをクリック
  プレスリリースはこちらをクリック

本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社アイランドシックス

担当者名:山口

TEL:03-3556-5353

Email:packetlight@company.iland6.com