投稿

一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会のWi-Biz通信に弊社山口の記事が掲載されました!
Wi-Fiアクセスの認証と暗号化については今では広く知られていますが、あまり知られていない物理層のセキュリティ対策であるレイヤー1暗号化について、わかりやすく説明しています。
ぜひ、ご一読ください!
【製品紹介】PacketLightのレイヤー1暗号化技術
光ファイバは簡単に盗聴される! データを守る対策ツール
お問い合わせ・ご質問はお気軽にご連絡ください
担当者▶山口闘志

【PacketLight PL-1000D】光ファイバーネットワークの
監視と診断ソリューション提供開始
~光ファイバーネットワークのリアルタイム監視を専門知識なく簡単に~

さらに読む

FXC株式会社様がInterop Best of Show Award の光伝送装置部門にてグランプリを受賞しました。

国内最大級のITイベントであるInterop Tokyo2021にて、弊社OEMパートナーであるFXC株式会社様の製品「LightEdge400T」が光伝送装置部門にてグランプリを受賞しました。

Best of Show Awardとは

Interop Tokyoへの参加企業がその年に発売される新製品をエントリーし、業界識者によって編成された審査委員会によって厳正な審査を受け表彰される。

詳細に関しては下記URLよりご覧ください。

《FXC株式会社様webサイトはこちらをクリック

小型オプティカルネットワークWDMベンダーであるイスラエルのPacketLight Networks社は
400 Gbpsラインアップの取り扱いを開始します。
2020年発売予定:
1.6 Tb [400Gbps x 4]のPL-4000T 及び 400 GbマックスポンダーのPL-4000M
従来、他社の400Gbps WDMシステムは独自仕様のオプティクスに基づきますが、
PL-4000シリーズは標準なCFP2-DCO, QSPF-ZRのオプティクス他、
C-FEC, O-FEC, SD-FECの標準FECを使用します。
PL-4000シリーズの対象アプリケーションは、第2キャリア・MSPのメトロ・長距離伝送用となります。
iLad6ではPacketLight社の国内販売代理店を募集しています。
お気軽にお問合せください。